機械式腕時計が好きです

2021年06月14日

腕に着けていればゼンマイが自動で巻かれるパーペチュアル。

日付が12時に素早く切り替わるデイトジャスト。

高い防水性を誇るオイスターケース。

これらはロレックスの三大発明と言われます。

すでに高級時計ではあたり前のようになりましたが、

当時としてはたいへんな進歩でした。

 

裏スケと呼ばれるのは裏蓋がスケルトンになっているからで、

シースルーバックともといいます。

ロレックスやブライトリングといったメーカーはこれを嫌いますが、

ジャガー・ルクルト、オーデマ・ピゲ、

パティック・フィリップといった

多くの高級時計メーカーがその美を競います。

とりわけランゲ&ゾーネのシースルーバックから垣間見える

複雑系ムーブメントは世界一美しいと絶賛されます。

 

写真は私が所有する唯一の裏スケで、

高価な時計ではありませんが、

時折りうっとりと眺めたりしています。

 

 

tokei2