辻井伸行 ラ・カンパネラが好きです

2021年08月01日

クラシックには造詣が深くありません。

でも何か一曲だけと言われたら躊躇なく「ラ・カンパネラ」。

フランツ・リストが「悪魔的ヴァイオリニスト」パガニーニの曲を編曲した、

超絶技巧のピアノ練習曲です。

とりわけ辻井伸行が演奏するラ・カンパネラはいつ聴いても胸に迫ります。

高音連打の「鐘」の音(ね)は、この曲の題名(カンパネラ)からきているんですね。

 

画像はペンで描いた辻井伸行さん。すみません、似てませんね。

それにイケメンで有名だったらしいフランツ・リストの肖像(写真)。

 

stujii

liszt