CADが好きです

2021年10月10日

販売用の建物図面は間取図作成ソフトで作っていますが、

もうすこししっかりした図面にしたいときはCADを使います。

代表的なCADにはAutoCADやDRA‐CADあるいはVectorWorksなどが有りますが、

私はWindows用2次元汎用CADのJW-CADを長いあいだ愛用しています。

JW-CADは何といってもフリーソフトであり、重さを感じさせない軽さが魅力で、

外部変形という拡張機能が備わっている点でも秀逸です。

写真は何年か前に私がJW-CADで作図したもので、

左が縮尺100分の1の一般的な間取図(中古物件)、

右が確認申請する時の下書きとして作成した50分の1の平面図です。

左の図ではリフォーム計画を立てたり、駐車場の配置変更をしたりするのに役立てました。

右の図では電気配線や家具の配置のプランなどにも利用した記憶があります。

 

cad